歯科衛生士や看護師等医療系の求人状況を知る

資格があることで全国どこでも働くことが出来る

その人の事情

働きやすい職場に転職する

男女雇用機会均等法が生まれるまで、看護師は圧倒的に女性の多い仕事でした。現在では男性が少しずつ増えていますが、それでも割合的に女性看護師の方が上回っている現実があります。 女性は妊娠や出産によってライフスタイルの変化を求められるものであり、それに伴い職場を移る方も多いものです。 看護師として一度第一線を退いたものの、お子様の成長に合わせて転職を決意した場合、どのような形で仕事を探せば良いのでしょうか。 一般的に家事と育児を行なっている女性が正社員としてフルタイムで勤務するのは難しいものです。そうした看護師資格を持っている女性のために、近年では「派遣」や「パート」と言う形で求人情報を募集している医療機関も存在していますので探してみましょう。

家庭の事情に合わせて看護師の仕事を探す

正社員と異なり、派遣社員やパート社員は労働時間を短くする事が可能です。例えば小さなお子様を育てながら看護師の仕事を探す場合、こうした求人情報に応募すると良いでしょう。 看護師は忙しい仕事ですから、残業が多い職場も珍しくありません。残業は患者様の気持ちを考えれば必要な事ですが、一方家庭の事情がある場合、できるだけ免れたいものです。 近年では短時間正社員制度と言う制度を取り入れて正社員を雇っている医療機関も増えています。短時間正社員制度で転職すれば、労働時間は短いけれど正社員同様の待遇を得る事が可能です。 近年では育児にあわせて第一線を退いた看護師の女性を呼び戻すために、様々な配慮が行なわれている時代ですから、今後は非正規雇用で働く女性が増えるでしょう。 転職する場合、こうした労働形態で転職先を探しましょう。